天願大介のなまずブログ

2017年7月30日

「二輪草」緊急再演!
 再び実験と発明について

春から二本連続して舞台を演出したため、直後は他の仕事に追われる毎日で、なのにまた猛暑の中、舞台の稽古がはじまってしまった。

前回、「『二輪草』は粘って繰り返し上演したいと思っている」と書いたが、「二輪草」の再演が早々に決まったのだ。
場所は初演と同じ新宿ゴールデン街劇場。興行の鬼門といわれるお盆のど真ん中に、無謀にも再演するところがまたmétroらしいというか。初演時は満員札止めが続き、当日券で入れなかったお客さんもいらしたので、この機会に是非来ていただきたい。
「二輪草」は「文学の芸能化」を目指して書いたものの一つで、具体的には説教節のイメージで作ってみた。説教節というのは中世から続く芸能で、山あり谷ありの因果話に節をつけて語る。もともと坊主の説教に節をつけたものだから、最後はありがたい御仏の救済に落ち着くが、大衆が欲しているのはむしろ残酷な描写や、主人公が体験する不条理なまでに過酷な運命のほうだった。浪曲など後の芸能に大きな影響を与えた、大メジャーの大衆芸能だったのである。
小沢昭一さんは説教節に惚れ込んで各地で録音し、何枚もレコード(今はCD化されている)を作った。早熟な少年だった俺は子供の頃に見たり聞いたりしている。

二輪草(初演)より

説教節の演目では「さんしょう大夫」「小栗判官」「しんとく丸」「かるかや」などが有名だ。森鴎外の「山椒大夫」も元は説教節だし(鴎外は陰惨な部分を大幅にカットした)、寺山修司の「身毒丸」は「説教節による見世物オペラ」の副題がついている。
「二輪草」は演劇だから節はない。だが乱歩の最高傑作を戯曲にしたので、強い言葉に溢れている。生身の俳優が演じることで型に収まらない生々しさが自然に伝わり、朗読劇でも一人芝居でもない、新しい形式ができたと思う。前にも書いたが実験ではない。発明だ。
寺山修司は天井桟敷を「演劇実験室」と名付けた。俺の定義ではアングラではなくアバンギャルドの寺山さんは、本物の実験家だ。実験とは、実験を発想し行うこと自体に意味がある。だから結果が失敗でもかまわない。寺山さんのいくつかの演劇は、間違いなく当時の世界の最先端の実験を行っていた。
俺はというと、実験家ではない。体質的に発明家だ。発明にも実験はつきものだが、発明の場合、最終的に役立つものを作れなければ価値はない。
「実験的」といわれるより「発明的」でありたい。そう思って、これまでも映画や演劇でいろいろと発明してきた。最新の発明品は「二輪草」で、今は稽古と並行して新たな発明に取り組んでいる。

ともかく、「二輪草」のような作品は繰り返し上演することで磨かれ、コクが出る。稽古してみると、初演と味わいが微妙に違い、より強く、しなやかになっていくと思う。
今回の再演では、ゴールデン街に押し寄せる外国人を取り込もうと、英語の音声ガイドの試みをはじめることになった。狭い劇場だって実は世界と繋がっている。これは映画なら普通の感覚だ。
人のいなくなった真夏の東京、新宿ゴールデン街で乱歩の狂った世界を楽しむ、何と大人の遊びでございましょうか。乱歩に酔いしれ小屋を出れば新宿は歪んで見えることでしょう。
métro真夏の悪夢「二輪草」緊急再演。座長月船以下、一同打ち揃って心よりお待ち申し上げております。
もちろんなまず映画の上映もございますよ。

métro
『二輪草 「孤島の鬼」より』

原作    江戸川乱歩
作・演出   天願大介
出演    月船さらら 若松力 村中玲子 鴇巣直樹
美術    加藤ちか
照明    沖野隆一(RYU CONNECTION)
音響    青蔭佳代(音スタ)
音楽    めいな.Co.
舞台監督  影山翔一
制作    ジェイ・クリップ

新宿ゴールデン街劇場
新宿区歌舞伎町1-1-7 マルハビル1F
JR新宿駅東口より徒歩7分 新宿三丁目駅E-1出口より徒歩1分

8月9日(木)~13日(日)
9日(水)16:00/19:00    
10日(木)16:00/19:00 
11日(金)13:00/16:00/19:00 
12日(土)13:00/16:00/19:00 
13日(日)13:00/16:00

受付当日券販売:開演の1時間前 開場:開演30分前
料金:前売・当日 桟敷自由席(12席限定) 3500円 ベンチ自由席 3500円

チケット予約
◎ジェイ.クリップ
電話受付:03-3352-1616 (平日10:00~19:00)
◎カンフェティ
電話受付:0120-240-540 (平日10:00~18:00)

ネット販売:カンフェティ

      CoRich舞台芸術

★なまず映画上映
11日最終回上演後『魔王』
12日最終回上演後『赤の女王』

※なまず映画ご鑑賞の方は別途1200円頂きます。
※上演は約70分を予定しておりますが、終演時間は多少前後する場合もございます。
※公演をご観劇でない方も映画だけのご鑑賞も可能です。

各詳細はトピックスに掲載いたします。



下記は『二輪草』英語ガイダンスのご案内です。

【Japanese Play with Audio Guide】

Since I started my own play unit, I had long wanted to perform overseas but it was challenging to implement.
However, when I was acting in a little theater at Golden-gai, I came to realize this; “foreigners with interests in Japan from all over the world are here already”.
I would like those people to watch my play.

To make it happen, using this crowdfunding platform, I have started my project so that non-Japanese speakers can enjoy my play using audio guide in English.
This is the first trial and I will invite you for free as a project participant. I hope you support my project.

Project owner Tsukifune Sarara

【summary】

Dates:
From August 9 (Wed.) to 13 (Sun.), 2017

Venue:
Shinjuku Golden-Gai Theater
〒160-0021 1-1-7 Kabuki-cho, Shinjuku-ku, Tokyo
1st Floor of Maruha Building

Show Schedule:
Aug. 9(Wed) 16:00/19:00
Aug. 10(Thu.) 16:00/19:00
Aug. 11(Fri.) 13:00/16:00/19:00
Aug. 12 (Sat.) 13:00/16:00/19:00
Aug. 13(Sun.) 13:00/16:00

※ The theater door opens 20 min. prior to the showtime. All seating is on a first come, first served basis.
※ The running time of the show is approximately 70 min.

Ticket Price:
Normally 3,500yen, but FREE if you’re willing to tryour new English audio guide.
For tickets and information:
070−5575−9691 English speaking operator available
(In case no one is available to take your call, please leave your name and phone number on the answering machine. We will return your call as soon as possible.)
Let us know your name, phone number, which show you want to watch, and how many tickets you need.
The check-in begins 30 min. prior to the showtime and ends 15 min. prior to the show time. Please be sure to check-in at the reception deskduring this period,
otherwise your ticket might be cancelled.
Please take a few minutes to fill out our short survey after the show.
Please call in case you want to cancel your ticket.

【To the audience interested in Japanese modern plays 】

There are many kinds of plays in Japan besides Kabuki and Noh. Plays from Europe were imported in modern times and then new kinds of plays were spread out quickly together with revolution of Kabuki.
In 1960s, "Underground plays" were established by mixing traditional and modern plays.
Stage performance is one of them. The movement was led to performance at small theaters and new trials are being made.
Nirinsou is dramatization of part of the full-length and representative work of Edogawa Ranpo who is the pioneer of Japanese mystery novels.
The play is performed only by a few actors in a contained space. It employs elements from traditional plays and Underground plays. The last show received good reviews.
We would like to show this terrifying and pathetic story to foreign audience as well and provide audio guide.
It is a simple guide so that you can enjoy our live play. Please note that it is the first version subject to further improvements.

Director/Scriptwriter Daisuke Tengan