天願大介のなまずブログ

2015年1月1日

謹賀新年

今年が皆さんにとって素晴らしい年になりますように。
懲りずに新しいことに挑戦していきましょう!

昨年は俺にとって記念すべき「なまず映画元年」であった。仕上げ、上映、撮影、仕上げ、上映と一年が慌ただしく過ぎていった。
昨春に公開をスタートさせた『魔王』、年末に完成した『赤の女王』、いずれも俺の代表作になった。
もし『魔王』を作らなかったら『赤の女王』は存在しなかった。馬鹿げた乱暴な力を使うことによってしか、小さなアイディアを映画に結晶化することはできない。
12月27日、完成した作品をザムザの客席で見て、つくづく撮ってよかったと思った。
やはり、ぐだぐだ愚痴言ってる暇があったら作ったほうがいい。「仕組み」が出来るのを待っていたら死んでしまう。いや、どうせ死ぬんだからやっぱり作ったほうがいい。やむにやまれぬ衝動のない奴には表現なんかできない。
しかし、衝動だけで技術がなければ映画は撮れない。かつては「両手両脚を縛られて水に突き落とされて泳げといわれても」などと言ったこともあるが、今は、そのぐらいだったら泳げる。基本技術だけでも映画は充分撮れる。それは『魔王』で確信したことだ(もちろん面白い脚本と魅力的な俳優がいなければ溺れてしまう)。

『赤の女王』もまた基本技術のみで作った映画だ。しかし同時にあらゆる面でスケール・アップしている(予算は同じようなものだが)。何ができるか。何をやりたいのか。ではどうすればいいのか。映画とは何か。自問自答しながらの撮影・仕上げの中、俺はまた多くを学び発見した。なので年末年始は事務所に籠もってその研究を続けている。

普通の映画と違って自主上映には打ち切りはない。今年は1月11日の高円寺「めんこや」を皮切りに、各所で『魔王』『赤の女王』の公開をしていきます。
なまずはしぶとい生き物です。
上映場所でお会いしましょう!