赤の女王 牛る馬猪ふ

あらすじ

その男は誰にも言えない秘密を抱えたまま、
町外れの牛舎で働いていた。

ある日、男が偶然謎の物体を発見したことで、
またもこの町に異変が起きはじめる。

オレンジに輝くスナックの女

風土病。

首の捻れた女の死体。

ドイツ語を学ぶ天才少年

怪人水島源之介博士。

狂気は拡散し世界の秩序がぐらぐら揺らぎはじめる。

ヒロイン嘉子は異変を察知し、原因を探っていくのだが――――

次々に襲いかかる悪魔の罠、そして続発する怪現象
背後に潜む何者かの悪意

嘉子は世界の秩序を取り戻せるのか?

すべての真相が明かされるとき天狗の歌声が夏の空に響きわたる。

まったく読めない展開に狂ったギャグ
あっと驚く結末と意味不明の感動

これぞ映画、
なまずエンターティメントだ!